【悲報】原油爆下げ

こんにちは、ほのるるです!

コロナ騒動で世界は大変なことになっていますが、コロナに連動して原油危機にもなってますね。その背景としては原油を消費する工場がストップしていることが原因と言えます。

ちなみに私は原油ブルを保有していますが過去最低水準まで落ち込んでいますね。順調に含み損が膨らんでいます。

本日は原油について書いていきたいと思います。

今までの原油状況

2018年までは石油化学製品の需要が高まり消費量も右肩上がりでした。

下記のエネルギー統計を見てもわかるように消費量は増え、特にアジアでは1998年の消費量813MTから2018年には1375MTまで増加しています。

出所:グローバルエネルギー統計

では主に何に原油が何に使われているかみてみましょう。

原油は蒸留され石油となり、その使用方法は原料・熱源・動力源として大別されます。

出所:石油連盟

2018年までは原料も大量消費され、それに伴い工場等で熱源も増え、観光業も盛んで動力源も増えていました。

2020年の原油状況

2020年に入って新型コロナウイルスが蔓延し、世界中で外出自粛要請、もしくは制限がかかっており工場や航空機がストップしています。そのため原油の消費量は非常に少なくなってきているところに、ロシアやサウジアラビアといった主要産出国が減産しないことで共有過剰になっています。

4月12日からOPECで世界主要産出国が減産で合意されましたが、供給過剰の不安は根強く原油先物はマイナス37ドルと記録的な下げを更新しました。お金を払って原油を引き取ってもらう異常事態が起きている。

ちなみに私は原油ブルを所有しているため絶賛含み損中です...

出所:住信SBI証券

今後の展開

原油需要は年後半から増えていく統計があり、コロナも収束すれば一気に需要が回復すると思いますが、しかしこのままコロナが収束せず長引けばさらに悪化することも考えられます!ただ原油が世界で不要になることはないため、長期的に見たら回復するものと考えています。

個人的には2021年のオリンピック時には経済も回復して、原油もすっかり回復していてほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました