【初級編】人生を幸福にするためにすること

こんばんは、ほのるるです。

今日は私が若いうちにやっておきたかった事を書きたいと思います。

というのも私も気が付けば30過ぎのおっさんになってしまいましたが、若いうちにお金に関して真剣に向き合っていればもっと自由な生活ができたと確信しています。

そこでこの記事は特に新成人や大学生に読んでもらいたいです。

☆人生を幸福にするためにすること4つ

①いくらお金が入っていくら出ていくか?

②固定費を下げる。

③理想の生活を実現するのにいくら必要か

④夢に向かって行動する

まずは①のお金がいくら入っていくら出ていくか?です。

人生を幸福にするためには資産を増やすことが重要です。

なぜ資産が重要なのか、それは資産があれば選択肢が増えるからです。

お金がなければ生活するためにお金を稼ぐ必要があります。

しかし、当然ですがお金があれば働く必要がないのです。

いや、働かないなんてダメでしょ!と思った方はたくさんいるでしょう。

私が子供のころは『国民の三大義務』教育勤労納税の義務を叩き込まれました。

そのため働けなくなるまで勤労をしなければならないものだと、洗脳されている人が多数いると思います。

そして社会で多大なストレスを抱えながらも働き続け、最悪自殺まで追い込まれるのも珍しくありません。

ストレスでおかしくなるくらいなら辞めましょう!

さらにはお金があれば勤労の時間を短くすることができます。

セミリタイヤやアーリーリタイヤなどありますが、私はアーリーリタイヤを目指して頑張っています。

そういった選択肢を得るために資産形成は非常に重要なのです。

そしてその第一歩が、①のお金の流れを把握することです。

仕事を初めて給与明細を細かく見ないまでも、総支給いくらで手取りはいくらなのかはしっかり把握しましょう。

そして収入に対していくら出ていくかを把握します。

なにより支出の管理がお金を貯める一番の近道になります。

収入は簡単には増やすことはできません。

しかし、支出は工夫することで簡単に下げることができます。

次回は支出を下げることについて書きたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました